Original

在宅勤務で使えるコミュニケーションツールとは?おすすめのツール三選

在宅勤務のコミュニケーションを支援するツールいろいろ

必要な時に、必要な相手とコミュニケーションを上手く取れるかどうかは、在宅勤務の命綱と言ってもいいでしょう。

在宅勤務を導入したはいいけれど、物理的に勤務場所が離れてしまうことでコミュニケーションが取りづらくなって、結果的に仕事の効率が下がってしまったり、働く人のモチベーションが下がってしまったりしては何にもなりません。

そういった点を補うために、テレワーク導入推進の流れを受けて、いろいろなツールが利用されるようになってきています。


在宅勤務を導入していなくても、LINEなどのチャットツールを利用している企業は多いでしょう。このチャットツールは、在宅勤務を導入した場合でも、在宅勤務者とそれ以外の人とのコミュニケーションに役立つことは言うまでもありません。

実際にテレワークを行っている人でもチャットツールの利用率は高くなっています。ちょっとした相談や、自分の状況を他の人に簡単に伝えたい時などとても便利です。


また、バーチャルオフィスというものもあります。これは物理的に同じ空間にいなくても、あたかも同じオフィスにいるかのように仕事が出来るシステムです。

仮想のオフィスで机を並べて仕事をしているイメージです。実際に互いがその場にいなくても、今どんな状況にあるかが簡単にわかるようになっています。チャットや音声や映像で、声を掛けたり、会議に呼び出したりといった風に、互いにコミュニケーションを取ることが出来るのです。

在宅だから他の人のことが見えない、他の人から在宅の人のことが見えない、というイメージを覆すシステムと言えるでしょう。


WEB会議システムというものもあります。文字通り、WEBを介して会議が行えるシステムです。

WEB会議に参加することで、在宅勤務の人も社内にいるのと同様に仕事に参加している感覚になることが出来ます。

テレワークで効率的な働き方をすることを前提にして作られたシステムなので在宅勤務の人のコミュニケーションツールに適しています。WEB会議が開催できることによって、会議のためのスペースや、集まるための交通費、集まるためにかかる時間なども削減できます。


FreshVoiceというWEB会議システムは高いセキュリティが特徴なので、安心して導入出来ます。誰でも簡単に、すぐに会議に参加出来るように作られた、非常に利便性の高いシステムです。

わずか3クリックで会議が開催できるという特徴があります。PCやiPhoneがあればいつでもどこでも会議に参加出来ます。全画面で多拠点の接続先を表示することができるのはこのFreshVoiceだけです。

録音・録画機能もありますので、記録を取る手間を省くことも出来ます。また、地図機能もありますので、参加者がそれぞれ今どこにいるかもわかります。ファイルの共有、リモートでのファイル修正も可能です。

つまり、あたかも全員が同じその場にいるかのように、会議を効率よく進めることが出来るのです。

在宅勤務の人ともしっかりと会議をしたい場合には最適なシステムと言えるでしょう。

しかしせっかく導入しても上手く使いこなせなければ意味がありません。

その点、FreshVoiceはサポート体制が非常に充実しています。サポートデスクがありますので、適切なアドバイスを最適のタイミングで受けることが出来ます。

FreshVoiceについて詳しく知りたい方は下記URLをごらんください。
https://www.freshvoice.net/



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ