Original

在宅勤務導入に向けて、深めたい知識とは

問われる個人情報や機密情報の管理能力

多くの企業が導入に踏み切っているweb会議システムですが、一体どの企業の製品を取り入れたら良いかと悩む経営者者や担当者の方も多いのではないでしょうか。専門スキルやテクニックを持っている人は別にしても、ほとんどの人が迷うのは当然かもしれません。

実際に導入した人の間でも高評価を多く集めているのが、FreshVoiceです。在宅勤務の導入を検討する企業の取り組みをサポートする企業として有名であり、その実績も多く持っています。在宅勤務を支援する企業の中でもパイオニア的存在といっても過言ではないでしょう。

FreshVoiceの製品の特徴は、高いセキュリティ対策が施されている点です。個人情報や機密情報を取り扱う企業にとっては、いかにして漏洩を防げるかが重要です。

FreshVoiceが選ばれるのは、高い安全性に加えて、iPadやiPhoneにも対応可能という利便性も兼ね備えているからです。一般企業をはじめ、銀行や官公庁などの個人情報や機密情報を多く取り扱う機関にも多くの納入実績を持っています。


セキュリティ対策も万全

リモートデスクトップでお勧めといえば、TeamViewerが挙げられます。その特徴といえば、特段のスキルや知識を持たなくても使いこなすことができるという点。使い勝手が良い上にセキュリティ面にも長けていることから、多くの人に支持されています。

専用のIDとパスワードを使って多くの作業をこなすことができるコンピューターシステムに接続可能。複数人が同時にチャットやボイスチャットなどをできるというシステムです。自宅のパソコンから外部のパソコンを遠隔操作することが可能。ファイアウォールやIPアドレスなどの難しい知識を持っていなくても使うことができるという気軽さも持ち合わせます。

必要となる条件は、参加する人がTeamViewerを持っているということのみです。どこにいても、インストールせずに使えるのも嬉しいポイントです。セキュリティという点も強化されており、通信内容はアルゴリズムで暗号化されているから安心です。


メッセージのやり取りも気軽に可能

グループウェアでは、NIコラボ スマートが人気を集めています。そのシステムの特徴として、交通費申請や稟議書申請、出張申請などのさまざまな各種申請が楽にできるようになるというものです。

企業にとっては、本業以外の雑務には極力時間を割きたくありませんので、そういう意味でも使えるツールとして期待が高まります。NIコラボ スマートでは、申請の承認をする管理職の負担軽減も実現。オフィス全体の業務のスマート化に貢献します。

NIコラボ スマートを活用することで、社員同士のコミュニケーションも円滑に行うことができます。社内メールとは異なり、気軽にメッセージのやり取りができます。


ウェブ上で管理。マネージャーの負担軽減にも寄与

在宅勤務を進める上でもカギになるのは、労働者の勤怠管理です。通常の通勤スタイルとは決定的に異なる点といえるのではないでしょうか。

最近ではウェブ勤怠管理システムも次から次へと導入されており、その精度についても、徐々に上がっていると評判です。数多くのウェブ勤怠管理システムの中でも、ジョブカンが提供するサービスが人気を集めています。

ジョブカンの手掛けるサービスでは、勤怠管理をする上で欠かすことができない打刻は、スマホやタブレットを使って確認することができるという優れものです。従前のようにタイムカードに打刻するという紙ベースのものとは一線を画します。

ジョブカンのシステムでは、残業や休憩時間などもウェブ上で管理することができ、管理者にとっての負担も大幅に軽減されます。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ