Original

テレワークのメリットとは?導入するべき企業や人とは?



残業や過重労働、業務不均衡など従業員の働き方の見直しが急がれています。

同時に子育てや介護など、なかなか家を空けられない人たちへの社会参加の促進の動きもみられます。


中でも注目を集めている働き方がテレワークです。

働き方改革の動きの中でテレワークの導入を指向している企業も増えていますが、テレワークにはどういうメリットがあるのでしょうか。

どういう業務に向いているのかなど、テレワークについてご紹介します。



テレワークはどういう人に向いている?


テレワークは職場と離れた場所で働くという、新しい働き方です。

職場への出勤をせず在宅などで仕事を行えるため、この制度を生かし新たな労働人口の創出が期待されています。


仕事を続けたかったにもかかわらず、子育てや介護でやむを得ず離職した人も数多くいます。

また、障害のため通勤が難しい人、傷病のため通勤ができない人などもいます。


こういった、在宅であれば仕事ができる環境にある人にテレワークは向いています。


新しい働き方、といいましたが、実はテレワークそのものは20年以上前から導入されていました。インターネットが世の中に登場したときから、「これが新しい働き方!」「これで通勤から解放される」のようにいわれていたのです。


しかし、オフィスに出社する!という上層部の力が強いのが日本企業であるため、また横並び体質も相まって、出社という苦行が続けられていたのです。


ほかにも、管理部門や研究・開発部門の従業員でも、ワークシェアリングや通勤緩和で週数回のみテレワークを行うという使い方も可能です。


そのほか、営業やSEなど、客先からモバイル機器を使用して仕事を行うこともテレワークのひとつです。



テレワークを導入すればこういうメリットが!


テレワークを導入した場合のメリットはさまざまです。

従業員側は在宅などで仕事をするかたわら家のことを行えるため、生活のバランスがとりやすくなります。

また、テレワークを会社で導入し広く認知されるようになると、週に何回かテレワークを絡ませたりと、従業員一人ひとりの生活に合った働き方ができます。


会社側のメリットは、従業員の生活バランスの安定が可能となり、健康面や精神面での安定が図れます。

また、テレワークが導入されると、その分の通勤定期券代金の支給が必要なくなります。

また、テレワークを導入していることは、企業PRにもなります。

会社概要にテレワーク導入を書き加えることで、働き方に敏感で努力をしていることが手にとるように理解されるでしょう。


社員募集の際の大きな武器になります。


現在は圧倒的な人材不足の世の中にあります。景気や経済といった時代に左右される要因の他にも、団塊の世代が大量退職して人手不足が加速しているのです。


働きたいと願う女性・高齢者・障害者の方々は増えています。


しかし配慮された働く場所というのはまだまだ多くないため、テレワークの普及が進めば、ダイバーシティの観点からものぞましいのではないでしょうか。


テレワークを導入する場合に気をつけておきたいこと


テレワークは従業員のワークバランスや企業のコスト削減などが期待できる、魅力ある就労方法です。

テレワークを導入する際にはいくつか気をつけたいことがあります。


テレワークは自己裁量性となるため、長時間労働にならないように注意が必要です。オフィスから見えないのでサボってしまうと思いきや、逆に仕事がはかどりすぎて夢中になって働いてしまう人も多いのです。


しかし時間を自由に使えることで家事や子供の病気など突発的なことにも対応できます。


また、実働を確認することが難しいという点もありますが、ITを活用すれば双方間のコミュニケーションが取れ、作業の進捗なども確認ができます。


テレワークを導入する際には、勤怠管理をどうするか、裁量で行った仕事をどう確認するかを考慮し、働きやすく成果を上げるためのシステムを築きあげることが必要です。


テレワークは子育て中や介護、ケガなどで通勤が難しい人に適した働き方です。在宅で仕事ができるため、やむを得ない事情で働きに行けなかった人にとって労働の機会を得るというメリットがあります。


また、会社側にとってもテレワークによって従業員が生活と仕事のバランスを取れ、健康面などの安定を図ることができます。このことは企業の利益にもつながります。


自社のみでのテレワーク導入が難しい際には、テレワーク導入パッケージとしてフレッシュボイステレワークパッケージなど、導入支援のための商品がありますので、貴社に最適な導入手法を選んでみてはいかがでしょうか?


テレワークの導入には注意点を考慮しながら、メリットを生かし制度を大いに活用しましょう。テレワークを導入する際には、勤怠管理をどうするか、裁量で行った仕事をどう確認するかを考慮し、働きやすく成果を上げるためのシステムを築きあげることが必要です。



テレワークは子育て中や介護、ケガなどで通勤が難しい人に適した働き方です。在宅で仕事ができるため、やむを得ない事情で働きに行けなかった人にとって労働の機会を得るというメリットがあります。

また、会社側にとってもテレワークによって従業員が生活と仕事のバランスを取れ、健康面などの安定を図ることができます。このことは企業の利益にもつながります。

自社のみでのテレワーク導入が難しい際には、テレワーク導入パッケージとしてフレッシュボイステレワークパッケージなど、導入支援のための商品がありますので、貴社に最適な導入手法を選んでみてはいかがでしょうか?

テレワークの導入には注意点を考慮しながら、メリットを生かし制度を大いに活用しましょう。




 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事