Original

テレワークとITは切っても切れません。テレワークに使われるIT技術、テレワークを導入するIT業界を知って目指せ働き方改革!

テレワーク導入を可能にするのは進化するit技術が要因?

テレワークにおけるit技術にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的なit技術として挙げられるのはソフトウェアです。

このソフトウェアの導入により、仕事の進め方に大きな変化が見られるようになったとして好意的に受け止める企業が増えているのです。具体的に挙げられるのが、テレビ会議やチャットツールなどです。

従来の取り組みと大きく異なるのは、参加するスタッフなどのスケジュール調整などを行わなくても済む点などが挙げられます。このスケジュール調整をしなくても済むということだけでも相当のメリットがあるといえます。

ソフトウェア以外でも、クラウドが登場したことで、飛躍的にビジネスがしやすくなったといえるでしょう。数多くのit技術の中でも、クラウドがもたらす効果の大きさは並々ならぬものがあります。

クラウドの利点は、インターネットさえ使える環境が整っているだけで、パソコンはもとより、スマホやタブレットなどのデバイスさえあれば、場所を選ばずに情報を共有できるという点にあります。社内メール一つをとっても、スマホさえあれば、どこにいてもメールの内容をチェックすることができます。

限られた時間でも最高レベルの結果を導き出すことが可能になります。

三つ目のit技術として挙げられるのが、セキュリティです。多くの個人情報を取り扱うことになる企業にとっては、最も気がかりな点といえるかもしれません。

むろん、テレワーカー一人一人の高い意識が必要になることもさることながら、暗号化などを取り入れる技術も向上してきています。



ITはテレワークにマッチ!ますます広がる可能性も

多くの業界で話題となっている、テレワークですが、it業界では他の業界に先駆けて導入する動きが見られます。その背景にあるのは、一体どのようなことなのでしょうか。確かに、it業界といえば、他の業界と比較した場合にも、その先進性が大きく取り上げられる機会も多くありました。

むろん、株式上場を果たすような大企業もありますが、スタートアップ企業やベンチャー企業なども多くあります。

全体像としては、思うようにテレワークが進んでいないのが現実ですが、it業界に限っていえば、その推移は順調といえるでしょう。it業界で導入が進んでいる最大の理由は、テレワークを取り入れるために必要な技術を持ち合わせている点があるといえます。

テレワーカーたちが活躍するために必要となるソフトウェアやクラウドなどのit技術を開発する能力に長けている点がポイントです。他の業界では真似することができないit技術を持つことで、徐々にテレワークの導入に踏み切る企業が増えているのです。

it業界において総じていえることは、比較的新しい産業であり、新しい雇用形態などが定着しやすいということに加えて、手掛ける業務全般がテレワークに適しているということが挙げられます。



長時間労働は過去のもの!問われる働き方

「24時間働けますか」などの掛け声が飛び交った時代は遠い過去のものとなりました。限られた時間を最大限に活用して最良の結果を導き出すことが求められる時代です。

ワークライフバランスや働き方改革などに向けての具体的な取り組みとして期待されているのがテレワークや在宅ワークです。少子高齢化に伴う生産労働人口の減少を補うことにもなるテレワークや在宅ワークですが、決してそれだけが理由ではありません。

通勤にかかる時間や交通費などの削減なども期待できる画期的な取り組みなのです。これからの働き方のスタンダードになる日もそう遠くはないでしょう。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事