Original

SEだからこそ在宅勤務がしたい!でも、仕事はどこで見つけることができるの?在宅勤務がしたいと思った時点からの流れとは?

在宅にはどんな仕事がある?仕事の探し方は?

政府が推進する働き方改革の影響を受けて大きく市場が伸びるだろうと言われているのが、在宅勤務の仕事です。インターネットの普及に伴ってパソコンやスマートフォン、タブレットなどがあればどこでも仕事ができるようになったこともあり、徐々に在宅勤務の仕事が増えてきている傾向があります。

今後も在宅勤務の仕事は増えていくと考えられていることから、職種や業種によっては在宅勤務にシフトチェンジする人も少なくありません。

そんな在宅勤務ができる職種の大きな特徴として挙げられているのが、パソコンを使った専門的な仕事です。代表的な仕事として挙げられているのがseであり、ほかにもプログラマーやCADオペレーター、ライター、イラストレーター、デザイナー、テープ起こし、データ入力などがあります。

ほかにもコンテンツライターや内職系の仕事、アンケートモニターなども、副業としての在宅勤務で人気があるようです。

このような仕事を探す場合には、在宅ワークの仕事を掲載するクラウドソーシングサイトを活用する方法がおすすめされています。クラウドソーシングサービスには副業としてちょっとしたお小遣い稼ぎをしたい人向けの仕事や、本格的に専門的な仕事をしたい人向けの仕事など多種多様な仕事が紹介されているのです。

またどのような在宅仕事を中心として取り扱っているのか、クラウドソーシングサイトによってある程度特徴が異なっています。そのため自分がどのような在宅勤務の仕事をしたいと思っているのかで登録するサイトを選択できますし、いずれも無料で登録できるため気軽に始めやすいところが魅力です。

ほかにもseなど職種としてフリーランスの在宅勤務を希望する場合は、自分で営業しながら仕事を探す方法もおすすめです。この場合にはある程度の営業スキルが必要になってきますが、営業の手法を教えてくれる在宅勤務向けのスクールやセミナーもあります。

これらをうまく活用しながら自分で仕事を取れるようになればリスク管理の勉強にもなりますし、フリーランスとして活動を続けていくための土台作りができるようになると言われています。



在宅勤務に強い検索サイトにはどんなものがある?

在宅勤務の仕事を探す場合に便利なのがクラウドソーシングサイトの魅力です。登録そのものも無料ですし、在宅仕事の検索サイトとしてもうまく活用すれば自分に合った仕事を見つけやすくなっています。そんな中でも特に在宅勤務に強い検索サイトとして人気を集めているのが、「ランサーズ」です。

ランサーズは10年以上の歴史を持つ老舗のクラウドソーシングサイトであり、国内でもトップクラスの規模を持っています。そのため取り扱っている在宅勤務の仕事の数も膨大で、Webサイト制作やシステム開発、ロゴ、ネーミング、ライティングなどの仕事をやり取りできます。

案件数もこれまでに100万件以上という実績を持っていますし、仕事の請け負い方にも2種類の方法があるのでスムーズな仕事ができると評判が高いです。

また大手のクラウドソーシングサイトとして注目を集めている「クラウドワークス」も、在宅勤務に強い検索サイトとしておすすめです。こちらの場合はプロ向けの仕事から初心者向けの仕事まで幅広く検索できますし、自分が使えるプログラミング言語や利用ツールや実績をスキルとして登録できるところが魅力とされています。

このためより自分にマッチした仕事を見つけやすいので、seなどのIT系の職種の人にはメリットの大きいクラウドソーシングサイトです。

ほかにも多種多様なジャンルの仕事が豊富に揃っている「Bizseek」や難易度によって仕事が選べる「Craudia」も、在宅勤務で本格的に仕事をしたい人におすすめの検索サイトとなっています。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事