Original

在宅勤務の成功事例が知りたい。問題点はどうすれば解決できるの?在宅勤務を成功に導くカギを徹底解説。

在宅勤務の問題点と成功事例

リモートワーク(在宅勤務)の問題点と成功事例について理解を深め、適切なリモートワークのあり方の参考にしてください。

リモートワークの問題点やデメリット、改善策や解決法についてです。まず1つ目の問題点はリモートワークの労働時間の管理が難しいことです。リモートワークはその名の通り、会社から離れた場所(自宅やレンタルオフィスなど)で働くことのため、どうしても労働の時間とプライベートの時間が混在してしまう勤務環境です。

リモートワークにおいて労働時間の管理は多くの企業でも課題の1つです。

リモートワークの労働時間の管理についての改善点です。リモートワークであっても出社している従業員と同じように労働時間の管理が適切にできているのならば通常のように労働時間制で問題はありません。

リモートワークで労働時間の計算が困難な場合であり、尚且つ一定の要件を満たしている場合は事業場外みなし労働時間制という制度が利用できます。労働者が何時間働いたかに関わらず、もともと定められている時間働いたとみなす制度のことを事業場外みなし労働時間制と言います。

あらかじめ労働時間を設けておきます。労働時間の算出が困難な場合に労働者が働いた時間を問わずに、設けた労働時間を働いたとみなすことです。

2つ目の問題点はリモートワークの労災保険上のことについてです。リモートワークも労災保険に加入できます。労災保険に加入する条件に、勤務形態はあまり関係してきません。どのような勤務形態でも労災保険に加入することができます。

リモートワークで労災の給付を受ける場合、出社している従業員とは違うことがあります。リモートワークの場合業務中にケガや災害があったのか、プライベートの時間にケガや災害にあったのかなど、リモートワークは労働の時間とプライベートの時間が混在しているため判断が難しいのです。

リモートワークの労災保険の給付を受ける場合の認定においての問題などもあります。

例として挙げると、自宅などで休憩中にトイレに行った際、ケガなど負傷してしまった場合や自主的に残業をしてケガなど負傷してしまった場合、買い物などの外出時についでに報告書の発送を業者に依頼する際の道中で災害に遭った場合など業務中か、プライベートの時間か曖昧な場合があり、労災保険適用か否かは1つ1つの事案が業務中に当たるのか、プライベートの時間に当たるのかなどきちんと調査が行われた上で判断されることとなります。

3つ目の問題点はセキュリティに関することです。リモートワークは会社から離れて働くため、言わばオフィスの外に情報を持ち出すことになります。

そのため懸念されるのが、外部への情報漏洩です。このため企業側もセキュリティ対策をしっかりと講じなければなりません。

リモートワークのセキュリティ対策についての解決策ですが、リモートワークにおいての情報漏洩を防ぐシンクライアントの製品があります。シンクライアントは端末上にデータが残りません。このシンクライアントの製品を使用することによって専用のアプリケーションを起動させ、オフィスのサーバーに格納されている電子ファイルを編集したり、閲覧できます。

ネットワークの経路上では暗号化された形で送信されるため情報漏洩のリスクを下げることが期待できます。

リモートワークの成功事例としては、電機メーカーでは従業員にリモートワークのマニュアルなどを作成し、それぞれの従業員にあった勤務形態を提供することにより生産性を上げています。自動車メーカーは総合職の従業員や妊娠中や育児に携わる女性従業員をリモートワークの対象として、業務の効率を上げ生産性を向上させることを狙い、リモートワークという勤務形態で働く従業員を増やしました。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ