Original

在宅勤務の効果を、3つの観点から解説いたします。効果を改めて知り、在宅勤務を有効活用したい方々におすすめです。

自分の時間を十分に活かすためには在宅勤務がオススメ!

働く個人にとっても在宅勤務の効果は少なくありません。

代表的なこととしては、会社に拘束される時間が減少し、自由な時間が増えるという点です。特に通勤に長い時間をかけているという方は労働時間には含まれないにも関わらず実質的に拘束されていますが、在宅勤務に切り替えればそうした無駄がなくなります。

また、家庭を持つ人にとっても在宅勤務は良い制度です。小さい子どもがいる家庭では、子どもを一人にしておくことが心配な人は多く、なかなか仕事と家庭を両立するのは肉体的、精神的にも難しい側面がありますが、在宅勤務ですぐ側に子どもがいる環境であれば安心して業務を行うことができるでしょう。

同様に自宅で介護を行う人が増えていることから、在宅勤務はそうした介護と仕事を両立しなければならない人にとっても大きなメリットと言えます。

その他、なかなか職場の人間関係が上手くいかず能力を最大限発揮できずにいるという人は在宅勤務を行うことで、苦手意識が軽減し高いモチベーションで仕事を行えるというケースも見られます。



地方創生を実現するなら在宅勤務は必要不可欠!

在宅勤務によりもたらされる効果は会社・個人を通じて社会全体にも波及していきます。会社や個人が在宅勤務を広く導入することにより、これまで人口減少に歯止めのかからなかった地方へ移住する人が増えたり、都市部から物価の安い地方へオフィスを移転するなど地方の活性化が期待できます。

また、在宅勤務はすでに現役をリタイアし地方に住むシニア層の中でもう一度働きたいという意欲を持つ人が活躍する機会を作ることもできるため、眠っている人材を活用し全員参加型社会を形成するためにも効果的です。

これらの結果、国の推進する地方創生の実現にも近づくことになり、都市部への一極集中から脱し社会全体がより豊かになることにつながることが期待されています。



これから在宅勤務はどうなる?

上記で見てきたように在宅勤務が与える効果はとても広い層に及びます。一方、まだ在宅勤務の普及率は高いとは言えないのが現状です。

導入により解決する問題があるにも関わらず、一歩踏み出せずにいるという人は在宅勤務にチャレンジしてみてほしいと思います。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ