Original

出社しないで働ける!スペースを選ばないテレワークという働き方の魅力

通勤というストレスから解放される

会社員が会社に通勤するというのはごく当たり前のことであり、その身体的、精神的ストレスは軽視されがちです。毎日、満員の電車の中で押しつぶされるようにしながら会社に辿り着いて、そこからようやく仕事が始まるという状態は身体的にも精神的にも疲弊した状態にあります。

会社員という仕事の宿命として受け入れなければならないことと割り切っている方も多くいらっしゃるでしょうが、もしこの通勤というストレスから解放されれば、それまで以上に仕事の効率を上げる効果が期待できます。

会議に出席するなど、会社に来なければできない仕事の時には出社するようにし、必ずしも会社に来なくても情報通信技術を使えば自宅でも仕事が可能な社員については出社を強制しないという制度を取ると社員の負担は大きく減ります。通勤と帰宅にあてていた時間が家族との時間になり、社員の家族関係が良好になるというプライベートの面においてもメリットがあります。



カフェなどの利用で出先でそのまま仕事に入ることができる

多くの会社では、社員が同じ時間に集まり朝礼を行ってからそれぞれの仕事に入ります。朝礼を行うという制度にも団結力を高めるなど一定のメリットはありますが、朝礼後すぐに外回りに出る営業担当などにとってはそのためだけにわざわざ会社に出向かなくてはならないのは負担であると言えます。

テレワークを導入すると、こうした外回り業務が中心の社員が時間的ゆとりをもって仕事に取り組むことができるようになり、作業効率を上げる効果が期待できます。ノートパソコンを持っていれば、外回りの仕事を終えてからのメール確認や、書類作成などの業務は近くのカフェなどを利用すればできるのでそのまま会社に顔を出さずに帰ることができます。

必要のないことに費やす時間を減らすことで、時間を節約することができるので仕事だけに一日を使うというストレスのたまる生活から社員を解放することができるのです。



サテライトオフィスを作ると作業効率が上がる!

「サテライトオフィス」とは、本社や支社とは異なり作業をする場所としてのみ利用するオフィスのことです。地方にサテライトオフィスを置くと、本社や支社に出向かなくてもできる仕事を、地方で働きたいと考えている優秀な人材を雇用して任せることができるのです。

社員が自宅で働くことができるリモートワーク以上に、サテライトオフィスで働く社員とは連絡がつきやすく、仕事に関する相談もスムーズに行うことができるので、効率が良くなります。

都会で働くよりも地元で働くことに魅力を感じるなどの価値観を持っている優秀な人材を東京のオフィスで募集をかけるだけでは獲得することができません。本社に来なくても仕事ができるサテライトオフィスを設けることで新たな会社の戦力を開拓することができます。



通勤が困難になった社員が働き続けることができる

出産を控え、通勤が困難になったり、親の介護を自宅ですることになったりなど、それぞれの事情によって社員が会社に出向くことが難しくなることがあります。人によってはこうしたタイミングで仕事に全力で取り組めないからと退職してしまうことも考えられます。

本当は働き続けたいと考えている優秀な人材を失うリスクをテレワークを導入することで減らすことができます。テレワークは自宅にいながら働くことが可能なので会社に来られない人でも仕事を続けることができます。

それぞれの事情に合わせて働き方を選ぶことができるテレワークは社員の多様な人生の選択肢を守るためにも良い制度であると言えます。

テレワークは仕事以外の部分においての社員の人生を尊重することができる雇用の仕方です。働きやすい会社づくりのために是非、導入を検討してみてください。

 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事