Original

テレワーク求人増加中、その傾向と今後の流れについて

 

睡眠時間を削りながら長時間の残業を強いられるモーレツ社員の働き方はすでに時代遅れとなってきました。

 

現代は仕事とプライベートのバランスをきちんと整え、働く人たち一人一人の幸せを考えてこそ、本当に良い会社や企業であると評されます。

 

仕事の量を減らさずに社員のプライベートの時間を確保できる最善の求人方法のひとつに、テレワークの導入という選択があります。

 

代表的なメリット

 

テレワークは会社側にも働く側にも双方にメリットがあります。

 

目に見えて一番分かりやすいメリットというのは通勤時間と交通費の削減です。

多くの企業では社員に対し給与とは別に交通費を出しています。

 

在宅で行うことができるテレワークには交通費が発生することはありません。

 

多くの社員を抱える企業にとっては人件費を削減することなく、コストを抑えられるメリットとなります。

 

また働き手側の立場に立ってみても、通勤時間を別のことに当てることができ、満員電車のストレスなどもありませんので、自分のスタイルで仕事を行うことができます。

 

スーパーのレジにもテレワーク!?

 

これから先、テレワークでの仕事というのは増加の一途を辿るに違いありません。

 

ネットワーク通信の発展と、回線速度の向上により様々なものが遠隔操作で行えるようになってきました。

 

これまでテレワークというとデータ入力やコールセンターが主な仕事となっていましたが、人工知能の発達などにより、その仕事の幅は格段に増えつつあります。

 

例えば近年、スーパーなどでセルフレジというのが導入されるようになりました。

客が購入した商品を自分で精算するシステムです。

 

つまり、将来的にレジ打ちの現場の従業員の数は減少していくことになるということです。しかし、まったく人手がいらないというわけではありません。

 

何かしらのトラブルが起きたり、操作が分からないお客に対して回線をつなぎ、遠隔でアドバイスのできる従業員が必要になります。

 

このような場合にセルフレジのサポートスタッフとして、テレワークの仕事が可能になるというわけです。

 

増加するテレワーク求人

 

自分のスタイルで働くことができるというのは、大変魅力的です。

 

必要以上のストレスを課せられることもなく、介護や子育てなどで家をあけることができないような人でも仕事が可能です。

 

働きたいけど働けないと諦めるのではなく、仕事がしたいと願う人は是非テレワークの求人を探してみましょう。


おすすめはまず転職サイトの大手です。

 

DODAやリクナビネクストでは膨大な企業の求人の中から、検索条件をテレワークで絞り、探すことができます。バイトルドットコムなどのアルバイト情報サイトにも、稀にテレワークの求人が載っています。

 

ただし、アルバイト情報サイトの求人は、仕事というよりも主にお小遣い稼ぎ程度のものという認識でいた方が良いでしょう。

 

その他、企業それぞれのサイトでテレワークを募集しているところもあります。iPhoneのアップルなどでは自社サイトで在宅アドバイザーを募集することもあります。

 

 

仕事を楽しくできるというのは人生の幸せに大きく貢献します。

働く人の幸せを実現できる会社は、それだけでも企業イメージがアップします。

その評判は最終的に信用や信頼となり、売上増加にもつながることでしょう。

導入後すぐに明確になる数字の上でのメリットだけでなく、長期的な展望で考えても、テレワーク求人は様々な効果をもたらしてくれるに違いありません。

 

 

 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事