Original

在宅勤務のメリット!会社にも社員にもメリットがある!

会社側のメリット

在宅勤務を導入する会社側のメリットとしては大きく分けて、2つあります。

1つ目は離職率の低下です。結婚や出産などで会社に出社するのが難しくなった時には、会社を辞めてしまうのが普通でしょう。会社としては育てた人材が通勤できないからといって、辞めてしまうのは大きな痛手です。辞めてしまう人の中には通うことができなくても、在宅勤務ならできるという人は少なくありません。

新人を新しく雇うよりも、ノウハウを身につけたベテランを残す方が会社には役に立ちます。これまで通りに仕事をすることができるので、誰かが手間をかけて教える必要がないからです。

2つ目のメリットとしては、ワークライフバランスが良くなることで、生産性が上がることです。毎日夜遅くまで仕事をして土日も仕事をする人が多い会社では、ワークライフバランスが保てていないことが多いでしょう。

在宅勤務を利用することで子育てに参加できた人や、家族と食事が出来るようになったという人が少なからずいるのです。会社にいては家族と食事をすることはできませんが、在宅勤務であれば食事は家族と取ることも可能でしょう。

プライベートが充実してくると、生産性の向上にもつながります。家庭に時間を割けないで困っていた人が、家族と過ごす時間を作れるようになったことで、仕事にも力が入るようになるのです。

エネルギーを充電することができるので、仕事も頑張れるということでしょう。

社員側のメリット

社員側の在宅勤務の最初のメリットとしては通勤時間が減り、住む場所を自由に選べるということがあります。会社に通わないのですから、通勤にかかった時間を他のことに使うことができるでしょう。

会社に通うことを考えなくていいので、住む場所は会社から離れていてもいいのです。自由に住みたい場所に住むことができます。パートナーの転勤などで地方や海外に移住したとしても、インターネット環境さえあれば仕事を続けることができるかもしれません。

2つ目のメリットとしては、子育てや介護をしながら働くことができることでしょう。自宅に世話をしなければならない人がいると、会社に通勤するのは難しいかもしれません。

在宅勤務であれば、時間を区切って子育てや介護に時間を使うことができるでしょう。待機児童の問題などで子供を預けることができずに、困っている人などには在宅勤務はいい働き方です。

3つ目のメリットとしては、作業に集中しやすい環境を作ることができるというものがあります。会社では電話が鳴ったり、同僚に話しかけられたりして、自分の作業に没頭することは難しいです。それが在宅勤務であれば、自分が作業に集中しやすい環境を作ることができます。

音楽を聴きながら作業するのもいいでしょう。自分が作業しやすいスタイルを、誰にも邪魔されずに作ることも可能なのです。最後のメリットとしては家事との両立がしやすいというものがあります。

在宅勤務であれば、空いた時間に家事をすることができるのです。食事を作ったり、洗濯をしたり、通勤していてはできないことでも在宅勤務ならできます。自分次第で仕事も家事も両立できるのです。

仕事があれば在宅勤務はメリットがある

在宅勤務を導入するときには仕事があるかを確認する必要があります。在宅勤務でできる仕事は職種によって違うでしょう。

パソコンを使った作業がある会社であれば、ほとんどの場合仕事はあります。在宅勤務でできる仕事があれば、導入するメリットは会社にも社員にもあるのです。

 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ