Original

テレワークに向いている仕事とは?



テレワークが活きる職種の条件は

テレワークは従来の勤務のようにオフィスに出社するのではなく、インターネットを利用していろいろな場所や時間に働くというスタイルを指します。時間や場所に捉われずに働けるという点が、テレワークの大きなメリットと言えるでしょう。

テレワークが導入されている業種や職種は様々ですが、当然全ての業種がテレワークに向いている訳ではありません。サービス業や医療など、人と関わり合うことが前提となる業種がテレワークに向かないのは想像に難くないでしょう。

テレワークの利点を活かせる職種の条件として共通して挙げられるのが、1人でできる仕事内容であるという点です。会社に行くことなく自宅など社外で作業を行うことができ、かつ1人で完結する業務はテレワークに非常に向いています。分担する仕事内容であっても、対面する必要がなければテレワークのメリットを活かすことが可能です。

反対に、インターネットを活用するという特徴から、機密情報を扱うような業務はテレワーク向きではありません。どんなに厳格なセキュリティを運用したとしても、リスクの存在を無視することができないからです。そのため、テレワークを活用する場合は、共有する情報の種類や内容を見極める必要があるでしょう。



テレワークを活かせる業務内容

テレワークに向いている具体的な業務として、まず資料作成が挙げられます。基本的に1人で行う作業であり、内容に機密事項などが含まれていなければテレワークでスムーズに業務を行うことが可能です。営業用やマーケティング用など目的に合わせてデータを分析し、まとめるという作業工程が一般的です。

同じくデータ入力もテレワークが活用されている代表的な業務です。データ入力では、紙ベースのデータや伝票などの内容をパソコンに打ち込んでいきます。集中力が必要でかつ自分のペースで行うことができるため、非常にテレワーク向きであると言えるでしょう。

デザインやプログラミングは、多くのテレワーカーが活躍している業務です。分野は様々ですが自己完結性の高い仕事が多く、集中して作業に当たることになるため、テレワークとは非常に相性が良いです。

ライター業もテレワークでの活動が多くなってきています。社内報やWeb記事など与えられた資料や情報を元に作成していきます。取材が加わることもあり、出先から仕事をすることができるという点もテレワーク向きの理由と言えます。



効果を最大限引き出すには

企業がテレワークのメリットを最大限享受するためには、そのための環境作りが欠かせません。ポイントを押さえて整備を行っていきましょう。

まず大切になるのが、ソリューションの活用です。従業員と企業の双方をサポートするためのシステム作りが必要になりますが、社外から社内の自席パソコンにアクセスできるリモートアクセスシステムや出先での報告を可能にするシステムなど、必要に合わせたソリューションを選択し活用することで高い生産性を実現することができます。

​​​​​​​また、仕事をしている様子が見えにくいテレワークだからこそ、適切な業務評価を行うためにもソリューションの活用は欠かせないでしょう。

直接顔を合わせないからこそ、コミュニケーションツールの活用も重要です。メールだけではなく、業務用メッセンジャーやWebカメラ、Web会議システムなどの環境を整備するよう心がけます。

インターネットを介して仕事を行うため、セキュリティの強化も重要です。ウイルス感染や不正アクセスへの対策はもちろんのこと、誤操作などのヒューマンエラーを想定したリスク対策が必要になります。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ