Original

テレワークのコンサルティング企業の果たすべき役割とは

テレワーク導入に向けてのアプローチ

テレワーク導入に向けての機運が盛り上がりを見せる中、その導入に向けての環境整備が必要なことも事実といえるでしょう。各企業担当者にとっては、手探り状態が続いているのかもしれません。テレワークコンサルティング企業に相談することで、そのような心配事や懸念事項がクリアになることが期待できます。


先ずは、テレワーク導入が現実的か否かを判断することも重要なポイントです。テレワークコンサルティング企業では、多くの事例を基に判断してくれますので、相談者にとっての満足を得られることになります。実際にテレワーク導入に至るまでには、ヒアリングやトライアル期間などを設けて着実な成功に結びつけていくことも重要といえるのではないでしょうか。ヒアリングでは、テレワークを知り尽くしているプロフェッショナルにありとあらゆる相談をすることができます。

テレワーク導入による具体的な効果なども、より詳細に提示してくれます。むろん、リスクが全くないということではありませんが、これまでの企業の事例などをベースにしていますので、信頼性の高さは申し分ありません。

個人情報や機密情報の取り扱いへの対応

テレワーク導入に踏み切るにあたっては、やはり業務環境整備が一番の課題といえるのではないでしょうか。この点を度外視して物事を進めるわけにはいきません。企業担当者の方にとっても大きな関心事となっています。自宅での業務ともなれば、セキュリティ対策が必要なことはいうまでもありません。個人情報や機密情報などの取り扱いもすることになります。

この点については、企業における最大のリスク要因にもなり得る部分です。ひとたび、個人情報などの漏洩などが起こってしまえば、大きな企業のダメージになることは容易に想像できるでしょう。倒産や廃業に追い込まれるという事態に発展することもないとはいえません。


個人情報や機密情報を取り扱う際における、厳格なルール作りを行うと同様に、遠隔からでも監視体制ができるシステムの導入の提案も行います。セキュリティ対策には万全を期しながらも、スタッフが安心してテレワークをできるような環境を整えていくことが重要です。具体的な就業規則の策定や社内における運用ルールの作成などを進める際にも、テレワークコンサルティング企業のサポートがあることでスムーズに行くことが期待できます。

導入後も積極的にサポート

まだまだテレワーク導入が進んでいないというのが、日本のビジネス環境です。テレワークコンサルティング企業では、社内におけるテレワーク導入への理解度をアップさせることから取り組むように努めます。社内の大部分の部署でテレワークを導入している企業では、理解も進むことになりますが、まだまだ一部の部署のみがテレワークを導入しているというケースが大勢を占めているのが現実です。先ずは社内全体にテレワークへの理解を広めることから始めることが重要といえるでしょう。

コンサルティング企業では、この点にも注力しています。各部署におけるマネジメント層はもとより、社員レベルにまでテレワークの重要性を浸透させることで徐々に社内全体での協力体制が構築されることになります。


実際にテレワーク導入に踏み切った企業へのサポート体制も率先して行うのがコンサルティング企業です。導入することで見えてくる課題や問題点についての相談にも積極的に応じます。既にテレワークを導入している企業の例を参考にしながら、生産性向上に努めるとともに、起こりうるリスクなどにも真正面から向き合います。

 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事