Original

在宅ワークでのデメリットを克服しよう!問題点克服のヒントはこちら

つい働きすぎてしまう

気分が乗ったときにはつい仕事に没頭してしまうかもしれません。仕事は何時に始めても構いませんし、何時に終わろうが自由です。逆に、仕事がなかなか終わらなくて、ついだらだらと長い時間をかけて仕事をしてしまうことがあるかもしれません。しかし、時間をかけて仕事をしたからといって良い仕上がりになるとは限りません。

より出来の良い仕事にするために、時間を決めてオンオフを明確にしましょう。時間を区切る事で効率が上がり、より集中して仕事に向き合う事が出来るはずです。また、仕事とプライベートで使用するパソコンを変えるなどすれば、作業にメリハリがつくかもしれません。



書類申請の認証手続きがなかなかうまく進まない

日本の社会は未だ印鑑に頼るところがあります。PDFファイルなどでの書類のやりとりを勧めるのは簡単ですが、認証の承認印が必要な場合には少しやっかいです。従来であれば書類を上に印刷して捺印、発送していましたが、これではスピーディーな作業はできません。

パソコン決済Cloudのような電子印鑑ソフトを活用することで、遠隔地からでも承認印が必要な書r類であってもスムーズな認証手続きを行うことが可能となります。

また、パソコン決済Cloudは視覚的なわかりやすさが評判です。簡単な操作で捺印が必要な書類の作成が可能です。そのまま回覧する事も出来ますので、よりスピーディーな認証手続きが出来ます。



安定した収入を確保するのが難しい

在宅ワークでは好きなだけ仕事が出来ると同時に、好きなだけ仕事を休むことが出来ます。ただし、仕事を休めばその分もきっちり収入に反映されます。

安定的な収入を確保できるように日頃から仕事を確保する努力をしておきましょう。ぼんやりしているといつの間にか仕事が来なくなったということもあり得ます。情報のアンテナを常に張り巡らしておくと良いでしょう。

それと同時に、仕事をする時間の確保もするようにしてください。1週間や1カ月など、一定期間のトータルが安定するように自己管理をしましょう。時間を確保して動くことで、仕事や趣味に打ち込めるようになります。



クライアントとコミュニケーションをとるのが大変

在宅で仕事をしていると、仕事関係の人たちと会うことがぐっと減ります。そのため、ちょっとした質問や会話など、対面で仕事をしていた時に簡単に出来ていたことが難しくなります。

会話の端々から伝わっていたニュアンスも、メールや電話でのコミュニケーションが中心となると気付きにくくなってしまうものです。相手の表情が見えなくなるのもデメリットの一つです。

このため、仕事を受けるときには意思の疎通を図ることがとても重要となってきます。今まで気にしていなかったようなニュアンスや感情の変化にも対応できるよう、相手の立場に立って対応すると良いでしょう。円滑なコミュニケーションは仕事の継続にも繫がるはずです。



全てが自己責任

家族が病気になった、パソコンが壊れたなどのアクシデントに見舞われた時でも、在宅ワークは待ったなしです。思わぬトラブルが起きても納期は待ってくれません。

普段からトラブルに備えて、安定的な仕事が出来る環境にしておきましょう。家族との関係を大切にし、困ったときには協力してもらえるように普段から話をしておくことも大切です。

在宅ワークでは良い評価も悪い評価も全て自分の責任となります。良い評価であれば素直に喜べますが、悪い評価を受けることもあるはずです。いかなる状況に陥っても対処が出来るよう、普段から心構えをしておきましょう。悪い評価からの解決策を用意しておくことで、気負うことなく仕事に取り組む事が出来るはずです。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ