Original

テレワークによる在宅勤務という働き方は経理でも活用できる

企業に欠かせない経理部門でテレワークが可能か考えてみる


在宅勤務の魅力というと、身近なことで言えば、毎朝通勤ラッシュから解放される・服装を整えたり化粧をしたりしなくても良いといったことをあげる人がいます。

ただし在宅勤務は、ごく限られた職種に与えられる特権と考えている人は少なくないとも言われているのです。実際、営業職やシステム開発などを担当する人は、テレワークによる在宅勤務やノマドスタイルで仕事をする人が増えてきています。


では、企業に欠かすことが出来ない経理といった職種はどうでしょうか。お金を扱う部署であるために、在宅で仕事をするのは難しいという意見を耳にすることが多いのです。

経理で行っている業務は、過去とは大きく異なるものになっていると言われています。かつては、手書きの請求書を使用することが多かった企業も、様々なソフトウェアが開発されたことにより、クラウド上で作成・管理することが一般的となってきました。

実際に、パソコンで共有している請求書を使用している人は、同じ社内であってもパソコンで経理に送付してきます。わざわざフロアの異なる部署まで持ってくるという事はほとんどありません。ペーパーレス化という違った意味でのメリットもあり、社内LANやインターネット接続が設備されている多くの企業で取り入れられています。


つまり、オフィス内でLANやインターネットを使って作業しているのであれば、自宅にインターネット環境さえ整っていれば経理業務は可能という事になるのではないでしょうか。経理と言っても、現金ではなく、数字を扱う業務がほとんどであるため、実はテレワークに向いている職種だという意見も多くあるのです。



少し困るのは領収書の管理


経理にテレワークを導入する上で、困る点として領収書の管理をあげる人がいます。社員の持ってくる立替え経費の領収書は、原本がないと意味を成しません。

この点を解決するためには、PDFなどのデータとして領収書の画像を自宅に送付してもらい、経理業務を進めておくことは可能だというアドバイスが聞かれます。

テレワークだといっても、全く会社に足を運ばないというわけではないので、会社に出勤したときに領収書原本の管理をまとめて行うという働き方で、問題をクリアできるかもしれません。

いろいろなものをデータ化できる技術が進んでいるので、かなり多くの業務はテレワークでも可能という事が言われているのです。



遠方であってもテレワーク業務は可能


一般的なテレワークというと、週の何日かを在宅勤務にあてて、残りを会社に出勤するという形で行っていることが多いものです。しかし、全く出勤しなくてもよい、遠方でのテレワークという働き方をしている人もいます。

経理などの業務は、今までに経験していた人の方がスムーズに行うことが出来るとされるものです。特に、長年にわたって経理を担当している人は、簿記の資格を持っていたり、即戦力として頼ることが可能な存在であったりすることが多いでしょう。


経理の業務は、一年を通じて同じ仕事をしているわけではありません。決算時期や繁忙期は目が回るほど忙しい一方で、その他の時期はさほど忙しくはないという企業も多いと言われています。

決算時期や繁忙期のために、人材を確保しておくことは人件費の高騰にもつながります。そこで、あらかじめわかっている決算時期や繁忙期に、テレワークを導入するという企業も増えてきているのです。


経理ソフトを使用していれば、社外でも作業が困ることはありません。また決算に必要な資料だけを、テレワークで依頼してやってもらっているといった企業もあるのです。

遠方であっても、インターネットを使えば、顔を見ながら会議を行ったり、指示を出したりすることも出来ます。双方がインターネットに接続して同じ画面を見て作業を進めれば、リアルタイムに情報を共有することが可能となります。社内で一緒に作業を行うのと、さほど変わりはないという人もいるのです。


テレワークを導入する利点に、経理に精通している優秀な人材は、都心部で確保することが難しいといったことをあげる人もいます。地方在住者や、結婚や子育てなどを理由に一旦職を離れた人たちの中から、優秀な人材を探そうとテレワークを利用している企業もいるとされているのです。

働く人口の減少が懸念される中、人材の確保のためのテレワーク導入はメリットとして期待されているのです。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ