Original

テレワークに向いている副業5選

1.データ入力やテープ起こし


データ入力やテープ起こしの特徴は、既存のデータを基にして文章を作成する作業であるという点です。
このため新たに文章やデータを作り出す手間がかかりませんし、ちょっとした合間に多くの依頼をこなすことができるので気軽に請け負いやすくなっているところが副業向きだとされています。

特に作業の一つ一つが隙間時間など短時間でできるものが多いため、本業に差支えがないまたは支障になりにくいところもおすすめのポイントです。

デメリットとしてデータ入力だと一つ一つの単価が安くなっているところが挙げられていますが、タイピングさえできれば未経験でも簡単に始めやすいなど初心者向けの副業である点を踏まえると妥当だという意見もあります。



2.内職や手作業


内職や手作業関連の仕事は、主にシール貼りや箱詰め、袋詰めなど簡単な内容のものが多いとされています。

シール貼りなどは正確性が求められていますし、ほかの作業も手先を使うものが多い傾向があるためある程度の器用さが求められているようです。

ほかにも同じ作業を続けていくので集中力が必要とされているので、テレワークだからこそ成果を上げやすい副業だと言われています。

またいずれも未経験や初心者でも始めやすく、募集内容によって仕事の種類も多彩なので自分がやりたいまたはやりやすいと思ったものを選ぶことができるところがメリットです。

ちなみに単価としては決して高いわけではなく、数をこなしていかなければ利益を上げることは難しいとされています。

そのため隙間時間でコツコツと作業をこなせるものの、労働と利益が見合わない場合もあるようです。



3.アンケートやモニター


アンケートやモニター関連の副業は、パソコンやスマートフォンなどのデバイスがあればどこでも作業を行うことができるところがおすすめだと言われています。

しかもどちらも項目に対して回答していくだけなので誰でも気軽に作業ができますし、本業をしながらでも利用できるところがメリットです。

単価は安いものの数を多くこなしていけば利益を上げやすく、アンケートやモニターを提供する側にとって有益な回答だと判断されれば依頼の数も増えていくことが期待できます。

逆に言えば適当な回答や矛盾した回答など、有益ではないとされる回答を続けていると依頼の数が減ってしまう可能性があるので注意が必要です。

このため必要なスキルは特にないものの、アンケートやモニターに対して真摯に回答していく姿勢や意欲が重要な副業となっています。



4.コンテンツライターやウェブライター


副業の中でも単価の面で期待できるものとして知られているのが、コンテンツライターやウェブライターの仕事です。

これらはほかのテレワーク向けの副業と違って、自分たちで作品を作り上げなければいけないという点が大きな特徴となっています。

このためほかの副業と比較すると単価が高く設定されているものも多いですし、自分たちの知識や経験を仕事に活かすことができるという点でもおすすめされています。

作業としてもパソコンやスマートフォンがあればどこでもできるテレワーク向けのものなので、テレワーク向けの副業の中でも利益を求めたいという人におすすめです。

注意点としては語彙力や文章力などの国語的な能力が求められている点や、依頼に対しての情報収集能力が求められている点が挙げられています。

また人の興味を引く文章を作成する力も必要とされていて、ウェブライターになるとそれにプラスしてSEO(検索エンジン最適化)の知識が必要とされることも多いようです。



5.コールセンター業務


自宅で行うことができる副業として徐々に人気を集めているのが、コールセンター業務です。

こちらは電話の受電対応や発信業務など通常のコールセンターで対応している業務を自宅で行うという内容になっていて、比較的稼ぎやすいという点から副業でしっかり利益を出したいという人におすすめのテレワーク向けの副業と言われています。

メリットとしては仕事を始める前に研修を受けることができるという点で、未経験や初心者の人でもしっかりマニュアルを用意されています。

このため安心して仕事を始めることができますし、コールセンター業務は電話で作業するものがメインとなっているためほかの副業と併用して仕事がしやすいという点も魅力です。

ただほかの副業と違ってコミュニケーション能力が必要となるほか、研修で身につけた商品に関する知識を自分たちでアウトプットできるかどうかという能力も必要となります。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ