Original

テレワークで営業が早く帰れる!?テレワークと営業は相性がいい!

テレワークの採用で営業が早く帰れるようになった理由

営業が早く帰れない理由の一つに会社へ帰ってから、その日のうちに営業報告をするという仕事の仕方があるかもしれません。一日中外回りをした後に報告のために会社へ帰ってきて、営業報告を一人一人がしていったら帰るのは遅くなってしまいます。

しかし、テレワークを導入すれば、この習慣が無くなるのです。テレワークを導入した法人の営業は営業報告のために会社に戻る必要がないため、直帰できる企業が増えているのです。

また、営業報告は書類などで提出するだけでいいので、長い営業報告というものがなくなります。テレワークであれば、会議もオンライン上でできます。会議のために出社する必要がないのです。

営業にとって会議のために割く時間は少なければ少ないほどいいでしょう。営業にかけられる時間が増えるからです。テレワークを導入すれば自分の自由に時間が使えるようになるため、効率的な仕事の仕方ができるようになります。そうすると遅くまで残って仕事をする必要がなくなることが多いのです。

仕事を自宅ですると効率的

テレワークを導入すれば、自宅で仕事ができるようになります。出社する通勤時間が無くなりますし、必要のない社内的なことなどもしなくてよくなるのです。

自宅で仕事ができるようになると、仕事のことが頭から離れなくなることがあります。考えているとアイディアがふとした瞬間に浮かんだりするのです。

それをすぐにメモして、仕事に取り掛かることができます。外回りだけが営業の仕事ではないです。戦略を練る時間や売り方について自宅で考えることも大事でしょう。出てきたアイディアをすぐに試せるのはテレワークの良い所です。

社内的なことが自宅で全て行える

テレワークの場合、会社でしていたことを全て自宅で行えます。調べ物やプレゼン資料の準備などは自宅で作業できるのです。出社して行っていた作業が自宅でできるので、営業外の仕事が効率的にこなせるということになります。

電話や同僚に邪魔されずに、作業に没頭できるというのはなかなか会社にいてはできません。営業外のことに時間をかけずに、営業に時間をかけたい人にとってはテレワークは役に立つシステムです。同僚に相談したい場合は、社内用のオンラインシステムを利用することで情報の交換ができます。

システムさえあれば、社内のコミュニケーションが少なくなるということはテレワークでは少ないでしょう。

 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事