Original

オリンピック開催時はテレワーク!500万人が東京を訪れる恐怖!

観光客がどっと押し寄せるオリンピック

17日間のオリンピック開催期間とその前後は、観光客が一挙に押し寄せると予想できます。

推定で500万人程度の観光客が東京に来ると想定していますので、混乱は避けられない状況です。東京の通勤時間には、通勤者だけでも電車に乗れない人がいるくらいです。

そこへ新たに観光客が加わると考えると、通勤時間は人が駅に入れない可能性すらあります。そのような混乱の中、出社したとしても会社から出て仕事をすることもができないこともあるでしょう。

観光客はオリンピックを観戦しない時間帯は観光しているでしょうから、日中は色々な場所が人で溢れていると想像できます。このように東京では出社して通常の仕事をしようとしてもできない可能性があるのです。混乱を避けるための方策を政府が取るでしょうが、混むことまでは止められないでしょう。

東京で混むとなると電車は動かない、車も動かない、移動することができないという状況も考えられます。観光客が優先となれば、東京で働く人は行動の制限を受けることになるのです。オリンピック開催中は様々な所でオリンピックが中心になりますが、会社は会社で動く必要があります。動かなければ利益につながらないのですから、対策を取ることが大事でしょう。

 

オリンピックでも関係ないテレワークという働き方

オリンピック開催期間中は働き方を変えることが大事になるでしょう。

いつも通りに働いていたのでは仕事にならないということがあるからです。出勤しないで仕事をするというのであれば、テレワークという働き方があります。会社がどのような状況になったとしても、自宅で仕事をするのであれば問題なく仕事ができるでしょう。

テレワークで働くのであれば、それまでに準備が必要になります。自宅で仕事ができるように環境を整えて、就業規則を変更するなどの準備です。テレワークでできる仕事は徐々にテレワークにシフトしていけば、オリンピックに間に合うでしょう。出社しないでもできる仕事はテレワークで十分なのです。

自宅で仕事ができるのであれば混乱している駅を通って、移動できない都内に出て、出社する必要はないのかもしれません。会社の業務によってはテレワークにできない仕事もあるかもしれませんが、できる限りオリンピック期間中に出社しなくていいように仕事を調整することは可能でしょう。

無理に出社せず、できる仕事をテレワークで行うのです。このような戦略であれば、社員の負担が最小限で済みます。オリンピック期間に毎日無理をして出社したとしても、効率は上がりません。それならば出社しないという選択肢もあることを覚えておくと良いでしょう。

 

オリンピック開催時でも利益を上げるためにテレワーク

オリンピック開催時は移動に時間がかかるなどの混乱があると予想できます。そんな時期でもテレワークが定着している会社では、利益を上げるための行動が取れるでしょう。移動する必要はないですし、いつも通りに仕事をしているわけですから、いつも通りに売り上げにつながる仕事ができるのです。

しかし、そうなるためには前もってテレワークで売上を作れる体制を作っておく必要があります。会社に出社しなくても、売り上げにつながる体制が、オリンピック時に役に立つのです。テレワークに仕事を移行するためには、どのようにテレワークで働くかを会社で考える必要があります。

自宅勤務を希望する人もいるかもしれませんので、その人の意見を聞くことは大事でしょう。希望者から徐々にみんながテレワークができる体制に変えていきます。その過程で会社全体で売上を上げる方法考え出していくのです。

 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事