Original

知ってましたか?既にテレワークを導入している会社はかなり多いのです!

テレワーク会社その1~住友林業株式会社~


住友林業株式会社では、社員一人一人がやりがいを持って働くことができるように多様な働き方を認め、充実した職場を作っていくことを社員の働き方に関する基本方針として定めています。

その中で2009年度には通勤時間が長い社員や育児中、介護中の社員に対して在宅勤務制度を導入するに至りました。

この在宅勤務制度では基本的に利用期間の制限を設けていないので、自分が必要だと思う限り、制度を利用して働くことができるところが魅力です。

また、育児面談や勤務に関する相談をする機会もあるので、なにか心配なことがあればすぐに相談できる体制も整っています。

これらのほかにも、2017年度からはフレックスタイム制や勤務時間のみなし労働時間制度から実カウント制への移行など、長時間労働と生産性向上などを目的とした働き方改革を積極的に進めています。



テレワーク会社その2~パナソニック株式会社~


パナソニック株式会社では、パナソニックおよび主要関係会社に勤務する間接業務(非製造)従事者を対象に2007年から本格的にテレワークを導入しています。

具体的にはモバイルワークや在宅勤務に加えてスポットオフィス、web会議などを実施しています。

在宅勤務には月間勤務日の2分の1までの使用を許可という上限が定められており、毎週利用した場合でも週2~3日利用が可能です。スポットオフィスは全国14拠点に設けられており、内勤者が出張時に利用することが多くなっています。

また、web会議は月間3000~4000回おこなわれているなど、テレワーク制度を活用している企業と言うことができるでしょう。

なお、在宅勤務を実施した人を対象にとったアンケートでは、7割を超える人が生産性の向上を実感するなど、テレワークによる良い影響も出ているようです。



テレワーク会社その3~日産自動車株式会社~


日産自動車株式会社では、社員一人一人の価値観やライフスタイルを大切にするために幅広い選択肢の働き方を提供しています。

具体的には、コアタイムなしのフレックス勤務制度や在宅勤務制度をはじめとして、さまざまな制度があります。

製造工程を除いた全従業員に対し、2014年1月から在宅勤務の利用上限を月40時間に増やしたほか、育児中や介護中の従業員には在宅勤務日数の上限を多めに設定するなど、工夫した在宅勤務制度を導入しているのです。

2015年度には管理職も含めた約4000人の社員が在宅勤務制度を利用しており、利用率も高いのが特徴です。



テレワーク会社その4~サントリーホールディングス株式会社~


サントリーグループでは多様な従業員がいきいきと働けることや生産性を高めることを目的に、ワークスタイル革新としてさまざまな取り組みをおこなっています。

その中で2010年にはテレワーク勤務の対象範囲を拡大したり、Web会議の導入を進めてきました。2015年には約2人に1人がテレワークを利用して働いています。

育児中や介護中の社員の人でも仕事がしやすい環境が整えられていることが分かるでしょう。

ちなみに、同じく2015年には「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)特別奨励賞」を受賞しています。なお、2016年には社員のうちの約7割がテレワーク勤務を利用しているという実績があります。



テレワークを導入している会社はたくさんある!


社員一人一人のライフスタイルの多様性に合わせて、テレワークを導入している企業はたくさんあります。

テレワークを導入したからこそ、生産性が上がると実感する社員の方も多くいるようです。

育児中や介護中はもちろんのこと、さまざまな理由で在宅勤務をしたい方も多いでしょう。

働き方の選択肢の1つでもあるテレワーク制度ですが、ここで紹介した企業以外でも導入しているところはあります。ぜひ調べてみて下さい。

自分のライフスタイルに合わせた働き方を考えていきましょう。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ