Original

テレワークとは?どんな働き方や特徴がテレワークにはあるのか徹底解説

 

 

テレワークとは、情報通信技術(ICT= Information and Communication Technology)を利用して、時間や場所にとらわれずに柔軟に仕事をする、という働き方を指します。

「tele」とは英語で「離れた場所」を意味し、会社の決められたデスク以外でもできる仕事のことをテレワークと呼びます。

一言で「テレワーク」といっても雇用形態や就業場所などによっていくつかに分類することができ、働く人の事情に配慮した働き方の選択肢のひとつとして注目を集めています。

 

つまり、テレワークとは、仕事と生活のバランスを図るワーク・ライフ・バランスの向上を目的として、政府や企業が積極的に導入している働き方といえるでしょう。

 

テレワークで移動時間を有効活用!外勤型

 

テレワークを就業形態別に分類すると雇用型・自営型に分けられますが、ここでは企業に勤める雇用型について見てみましょう。

 

営業職などの外勤型の人はお客様を訪問することが多く、会社へ顔を出さずに直行直帰をすることで時間が節約でき、業務の効率が上がると考えられています。

出先や移動中にノートパソコンやスマートフォンを活用して、メールを送ったり簡単な書類を作成したりと柔軟に働くことが可能で、これを「モバイルワーク」とも呼びます。

 

また会議などの必要な時だけ出社すればいいので、とても自由度が高い働き方です。

サテライトオフィスを活用して働くケースでは、移動時間を短縮しオフィススペースも節約できるという特徴があります。

 

生活スタイルに配慮した在宅型

 

テレワークでは通信設備を駆使することで、自宅でも仕事をすることが可能になります。

例えば妊婦や育児中の人、親の介護で家を空けられない人、体に障害がある人など、会社へ毎日通勤するのが困難な人にとっては、テレワークは仕事を辞めずにすむ働き方です。

また会社にとっても優秀な人材を手放さなくてもすむ、お互いにとってwin-winの働き方といえるでしょう。

 

テレワークで可能になることとは?

 

テレワークを導入することで家族と一緒に過ごす時間を増やしたり、自分の成長のために時間を有効活用したりすることができます。

特に小さい子どもを育てている人にとって、自宅で仕事ができるととても助かりますね。

 

営業職の場合は移動時間が短くなることによって、実際にお客様を訪問する時間を長くとることが可能になります。

また通勤に使用する交通機関の利用が減ることにより、二酸化酸素削減など環境問題の緩和にも繋がることが期待されているようです。

 

 

一昔前までは育児や介護などで、会社に出勤することができない人は辞めざるをえないという状況が多く見られましたが、テレワークが普及してきたことによって働く人がより多様な選択肢から働き方を選ぶことができるようになってきました。

これは企業にとってもメリットがあり、優秀な人材を確保でき会社の業績を向上することにも繋がります。

長く働いてもらう会社を目指すのであれば、ぜひテレワークの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事