Original

テレワークを支援してくれるサービスが知りたい!

気になるお金の問題は助成金を賢く利用しよう

働き方についての改革が進んできている昨今、テレワークを推進しようとするのは社会の大きな流れでもあります。ですから、テレワークを支援するサービス、テレワーク導入を後押しする体制というものもさまざまあります。


テレワークが望ましいと思っていても、ハードルが高い、と感じている場合は、まず助成金があることについて知ることで一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。

テレワークは国や地方自治体が推進している働き方でもあるので、いくつかの助成金があります。


たとえば、厚生労働省から支給される職場意識改善助成金というのがあります。より働きやすい環境を目指すことに対して出る助成金です。

これにはテレワークコースというものがあり、テレワーク実施に必要な費用を補助してくれます。テレワーク導入のためのシステム構築などの資金面の不安がある場合はぜひ利用したいところです。


また、総務省は「ふるさとテレワーク」の制度を実施しています。地方のテレワーク環境を整えた場合に出される補助金です。

その他、地方自治体が独自でテレワークに対する助成金制度を作っているところもあります。


これらの助成金について知りたい場合は下記URLを参考にしてください。

テレワークは助成金でお得に賢く導入しよう!知らなきゃ損!:https://telework.freshvoice.ne.jp/blog/2

テレワーク導入は助成金で!代表的なテレワーク助成金2選!:https://telework.freshvoice.ne.jp/blog/31



テレワーク導入全体を支援してくれるサービスもある

資金面だけでなく、テレワーク導入に対して全体的に不安、という場合もあるでしょう。

せっかく導入を試みたものの色々なハードルがあってうまくいかない、そのためにかえって業務全体のコストパフォーマンスが下がってしまった、というようなことになっては元も子もありません。

そのような不安を抱えて試行錯誤しながらテレワーク導入を進めるよりも、テレワーク導入のプロの手を借りてみてはいかがでしょうか。


世の中には、さまざまなテレワーク導入支援サービスが存在しています。その中でもおすすめのサービスとして、フレッシュボイステレワークパックがあります。


たとえば、テレワークを導入するに当たって、社内の各部署との調整が大変だというのはよくあるケースかと思います。

そういった状況に対しては導入コンサルティングのサービスを受けることが出来ます。プロのプランナーが導入をナビゲートしてくれます。


テレワークシステムの安全面に関しても、ちゃんと出来るのか心配という場合も多いと思います。

その点に関しても、国や銀行など、セキュリティにこだわる企業が採用しているWEB会議システムの導入をサポートしてもらえます。

テレワークで果たして労働管理が適正に出来るのかどうか、という不安に対しても、社会保険労務士が関連規定の整備のお手伝いをします。


そして、フレッシュボイステレワークパックは、導入から定着まで、8つのステップを踏んできっちりとサポートしてくれます。

その8つのステップとは「導入目的の策定」「プロジェクトチームの編成」「導入計画の策定」「WEB会議ツール導入」「トライアル実証・検証」「制度・環境構築」「労務管理の運用」「普及・定着への施策」です。


テレワーク導入のプロが、実施経験に即して磨き上げてきたノウハウが各ステップに詰め込まれています。

テレワーク導入に対してのさまざまなハードルを取り除き、全面的に支援してくれるトータルパッケージ、それがフレッシュボイステレワークパックなのです。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事

記事検索


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ