Original

テレワークの導入に期待が寄せられる理由

ますます熱い視線が注がれるテレワーク!導入によりもたらされるメリット

テレワークの推進が叫ばれているのは、これからの社会にマッチした取り組みであることに起因しているからといえるでしょう。

少子高齢化による生産労働人口の減少という厳しい現実に直面する中、新たな働き方が求められているのも事実です。


テレワークを活用することのメリットといえば、時間や場所を選ぶことなく仕事ができる点といえるのではないでしょうか。

進化を遂げるIT技術を有効活用することで、従前では到底できなかったビジネスの進め方が可能となりました。

育児や家事、介護などの傍らに仕事をする主婦などが行う在宅勤務をはじめ、スマホやタブレットを活用するモバイルワークやサテライトオフィスなどを利用して行う施設利用型勤務などが挙げられます。

いずれも、働く人にとっては移動にかかる費用や時間を節約することができるというメリットがあります。

多くの人にとってのストレスになる満員電車を回避できるという点も見逃すことができないポイントです。


テレワークを導入することで得られるメリットについては、企業側にも多くあります。

労働者に支払う交通費を大幅に抑制できます。加えて移動にかかる時間もないため、その分の時間を労働時間に充てることができるという人も多くいるのです。

猫の手も借りたいというような忙しい会社にとっては、勤務してくれる人を確保することが容易になるというメリットがあります。

「在宅勤務ならできる」という主婦などを多く従業員として確保できます。


それにしても、なぜここまでテレワークを導入することへの関心が高まっているのかと不思議に思う人も多いかもしれません。

その答えについては、国や自治体が大きく後押ししているという現状があります。

先述した通りに、日本経済にとって大きな課題ともいえる少子高齢化に伴う生産労働人口の減少という事態への抜本的な解決策としての期待も高まっているのです。

また、ワークライフバランスや働き方改革が叫ばれる中、それらの取り組みにもマッチしている点も大きいといえます。



国や自治体も後押し!テレワーク導入への道のり

ネットワークサービスの台頭と時を同じくして存在感を大きくしているのがテレワークです。

確かにテレワークを可能にしているのもITテクノロジーの発達やICT化の実現ということができます。


「持続可能な成長」を実現することは決して容易なことではありません。例え、政府が国策と位置付けて予算を多く付けたとしても、その取り組みが全て成功するとは限りません。

いかに社会全体がその意味を理解して真摯に取り組んでいけるかがカギを握ることになるでしょう。


テレワークは、多くの人のライフイベントに合わせた働き方ができるという点でも期待感は大きくなっています。

とりわけ、女性にとっては、結婚や妊娠、出産に育児などと仕事の両立がかなうということでも、テレワークの持つ意味は計り知れないといえるのではないでしょうか。

以前のように「結婚したら退職が当たり前」という流れを断ち切ることもできます。


テレワークのメリットは理解できても、そんな余裕がないとして、導入を諦める中小企業経営者も多いかもしれません。しかしながら、過度に心配する必要はありません。

国や自治体によるサポート体制も徐々に浸透を見せており、テレワークの導入に踏み切る企業を応援しています。

テレワークの果たす役割の中には、地方創生や地方活性化もあります。

「どこでも仕事ができる」というテレワークの強みが地域経済を支えることにもなるのです。

2015年より11月がテレワークの象徴月間となっていますが、そのメリットを考えれば、直ぐにでも導入に踏み切る価値があります。



 

 


332人へのアンケート結果発表 【在宅勤務の実態が明らかになりました】

当アンケートは、東京23区内に勤務するビジネスパーソン332名を対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。調査の結果は「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

その他にも、さまざまな設問を行い、在宅勤務というワーキングスタイルについてどう思っているのか、とても興味深い結果が出ました!アンケート結果は、下記からダウンロードください!

 

 

新着記事